芥川龍之介が眠る由緒あるお寺

慈眼寺は、1615(元和元)年、深川六間堀猿子橋に創建されました。1693(元和元)年に深川六間堀から猿江2丁目に移り、1912(大正元)年には谷中妙伝寺と合併し現在地に移転しました。
お寺には、江戸中期の儒者・斉藤鶴磯、江戸後期の画家、司馬江漢の墓をはじめ、芥川龍之介、谷崎潤一郎らの墓があります。
芥川龍之介の墓石は本人の遺言により愛用の座布団の同じ形と寸法で作られています。

住所 東京都豊島区巣鴨5-35-33
営業時間 境内自由
休日
電話番号 03-3910-1579
最寄駅 巣鴨駅より徒歩15分
アクセス [羽田空港から] 東京モノレール「羽田空港第一ビル~浜松町駅」・・・JR山手線「浜松町駅~巣鴨駅」
[東京から] JR山手線「東京駅~巣鴨駅」
[品川から] JR山手線「品川駅~巣鴨駅」
[上野から] JR山手線「上野駅~巣鴨駅」

慈眼寺周辺のわがままツアーおすすめコース

  • お一人様19,000円(税込/3名以上参加の場合)

    このツアーの詳細を見る

    6時間コース

    【歴史探訪・文学プラン】解体新書の世界

    都内〜渡辺崋山邸跡〜蘭学塾大観堂跡〜高野長英終焉の地〜善光寺、高野長英碑〜栄閑院〜築地本願寺〜蘭学の泉の碑〜桂川甫周邸跡〜長崎屋跡〜伝馬町牢屋敷跡(十思公園)〜頒暦調所跡〜源空寺〜天竜院〜高林寺、緒方洪庵の墓〜小塚原刑場跡「観臓記念碑」〜平賀源内の墓〜平賀源内電気実験の地碑〜慈眼寺、司馬江漢の墓〜水村玄洞邸跡〜都内

慈眼寺 TOP