江戸時代から昭和までの物流のあゆみを紹介

物流博物館は、1958年、大手町ビルにあった日本通運株式会社本社内に創設された「通運史料室」がその基礎となっており、当初は、社史に関わりのある国の近世及び近代初期の交通・運輸の概要を展示していましたが、1962年日通本社の移転に伴い、1987年には名称を「物流史料館」に改め、現在は、財団法人利用運送振興会が管理運営をしています。その後、展示内容の一層の充実を図り、「物流」を社会にアピールすることを目的に「物流博物館」として1998年 8月11日にオープンしました。館内では、江戸時代からの物流の歴史に関する資料を展示しています。また物流の中心となるトラックターミナル、鉄道貨物ターミナル、港、空港の陸海空のターミナルのジオラマ模型の展示などもあります。

住所 東京都港区高輪4-7-15
営業時間 10:00~17:00(入館は30分前まで)
休日 月曜・第4火曜 祝日の翌日(土日祝日は開館)年末年始(12/28~1/4)
電話番号 03-3280-1616
最寄駅 山手線・京浜東北線・東海道線・横須賀線・東海道新幹線・京浜急行線「品川駅」高輪口より徒歩7分
都営浅草線「高輪台駅」より徒歩7分
アクセス [羽田空港から] 京急空港線「羽田空港~品川駅」
[東京から] JR東海道本線「東京駅~品川駅」
[品川から] 最寄り駅
[上野から] JR京浜東北線「上野駅~品川駅」

物流博物館周辺のわがままツアーおすすめコース

物流博物館 TOP